多種多様な形態|自習室を利用して勉強|テキパキはかどる勉強法

多種多様な形態

はがき

体験授業必須

香川県は個別指導が特に多いです。街中にあるか、田舎にあるかで、授業体系も違えば、講師の質もばらつきがあるので、香川県で理想の講師に出会うにはたくさんの塾を回ってみるしかないです。体験授業を行っていない塾はほとんどありませんので、まずは電話連絡で確認を。また、しっかりした塾はどんな小さな塾でもホームページを作成しているので確認は必須です。目的を見失わないために、教室長クラスの方にどんなところなのか、どのレベルの授業をしているのか、など知りたいと思っていることを確認してから体験授業を申し込みましょう。最大の注意点は体験授業の講師と実際に授業を行う講師とが異なるということが起きるということです。講師が気に入って入塾をする際には次回からの担当などの確認を怠らないようにしましょう。香川県、特に高松市などは特に激戦区となっていますので、保護者のネットワークも頼りになります。香川県では田舎の小さな塾でも中には素晴らしい講師の方がいたりしますので、近場で探すのもありかと思います。

教育への意識の高さ

香川県の教育への関心の高さが塾の人気の最大の理由です。特に都会の私立大学への進学ではなく、近場の国公立大学を目指し、地元の公立高校への進学に熱が入っています。もちろん人気の高校になると学校の内申に加えて実際のテストの成績が大切です。この部分で学校以外での学習をリードしてくれる存在を求めているのだと思います。塾の形態が多種多様なのは、こういった様々なニーズに答えるためだと思います。大学進学への関心もさることながら高校進学への関心も高く、これが中学生の通塾率の高さに影響を与えています。また、単純に塾に通っていることがステータスと考えている人も少なからずいるようで、そのような方々を排除して考えても、進学するなら勉強が必須と言えるでしょう。